水道を引き込むために

安心して工事を任せるために

その時の場合によって変化する

工事を行う時は、40万円から60万円ぐらいの費用が掛かると思ってください。
あくまでもこの金額は相場で、敷地の形状や立地条件によってもっと変化することが多いです。
特に水道引き込み工事では、水道の本管から敷地内までどのくらいの距離があるのかという部分が大きく関わっています。
本管が敷地内から遠く離れたところにある場合は、費用が高くなってしまいます。

事前に具体的な金額を知った方が良いので、見積もりを聞いてください。
業者に尋ねると、詳しく自宅に敷地や本管までの距離を調べた上で見積もりを出してくれます。
ただ見積もりを聞いて、すぐ結果を言われるわけではありません。
時間が掛かるので、早めに聞いておくのが良い方法です。

給水申込納付金を支払う

水道引き込み工事をする時は、水道施設の設備費を一部負担するために給水申込納付金を支払います。
自治体によって名称が変わるので、自分が暮らしている地域の名称を確認しておきましょう。
工事費以外に、このような費用も発生すると忘れないでください。
口径が大きくなれば、費用が高くなっていきます。

相場は、13ミリの口径だと3万円から10万円ぐらいです。
20ミリになると4万円から20万円で、25ミリの口径だと10万円から40万円ぐらいになります。
業者に見積もりを聞く際は、給水申込納付金のことも聞いてください。
それも含めた上で、費用がいくらになるのか聞くのが良い方法です。
かなり高額になることが考えられるので、資金をしっかり確保しましょう。